特許庁で審査官補募集中

日本の産業に活気が無いという話は聞き飽きています。それに比例するように、特許の出願数も減っています。

社会が成熟期なのだから無理をしても仕方がないという達観もありでしょう。とにかく、社会は人が作ります。人が動かないことには活気は生まれないでしょう。
地下鉄車内に、特許庁審査官募集という広告がありました。いきなり審査官は無理なので、審査官補の募集です。

地下鉄浅草線は、特許庁に最寄りの虎ノ門駅があるので、乗客には身近でしょう。

説明会が何日かあって、13日はまだ間に合いそうです。
日本の産業の活気に直結している特許業務です。 しかも審査という最先端技術に係(かかわ)ることは、日本の活気に直接関与できる有意義な仕事だと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ